ドナルディ、高橋

下のシモキタバッシング記事、もっと怒られると思っていましたが
意外や意外、みなさん「短歌がステキー」とか「あしくささんステキー」とか
「私のルーズソックスもらって下さいー」とか「むしろソックスだけじゃなくてs(規制)」

……というか、下のコメント欄にルーズソックス履いている年齢の方はいませんでしたね。
さらに言うと今日びルーズソックス履いてる人なんていませんね。
はいはい、すみませんでしたね。

さて、話は童貞の世界観とホストの価値観くらい変わりますが、
最近僕のエロ汁の出が少なくなってきています。
僕のエロ汁はてのひらと指先からにじみ出るのですが、昨日あたりから
握ったマウスもさらっとしているほどに汁気がない。
これはどうしたことだ。まあいつも通りに書けばそのうちマウスやキーボードもべとべとになってくるだろう。
なんて考えながら書いた結果が↓です。エロくない。ごめんなさい。



-------------------------------------------------------------------



パーティションを立てるにはビームという支えを並べてそこにポールを立てる。
そうしてそのポールとポールの間(1Mくらいの間隔)に加工した白いベニヤ板を上から溝に沿ってはめ込んで下までストンと落とす。
繰り返し繰り返し並べられたビームの上にストン、ストンと板を落としていき、徐々に大きな長い壁がこの広い空間を仕切り始めるのだ。

「ペンチとって」

僕よりも二年先輩の高橋君が脚立の上から言った。
僕は彼の顔が汗で滲んでいないかどうか心配だったのだが、それを確認する勇気がなかった。
幕張の会場はまだ7月だというのに熱気で溢れている。
僕は額の汗をTシャツの袖で拭うと、高橋君に柔らかいタオルとペンチを手渡した。
高橋君は脚立の上で上部のビームをボルトで固定しながら、いつも彼女ののろけ話をする。
僕はそれを聞きながら次々に運ばれてくる大きな板をはめ込んでいく。
単調な作業をしながら聞く彼ののろけ話はバラードのBGMを聞くようで、別段不快なわけでもなかった。
ただ、僕が気になっているのは高橋君の彼女の話ではなく、彼自身についてだった。

僕の所属する会社はイベント設営の派遣業でみんな同じトレーナーかTシャツを着ているのだが、高橋君だけが違うユニフォームだった。
黄色いオーバーオールに、赤と白の土派手なタイツ。
髪と鼻と唇は真っ赤で、顔は白粉を塗っているのだろう。真っ白だ。
一見するとサーカスのピエロのようだが彼は自分のスタイルのことを「ドナルディ」と呼ぶ。
僕はその意味がよく分からず、何度も聞き直したことがあるが、高橋君はハンバーガーがどうのとか、
マックがどうのとかいう話しをするだけでどうも要領を得なかった。
ただ彼は、素顔を見られてはいけないのだということがわかった。

「子どもらの夢があるんだよ」

顔を明かせない彼の理由はこうだった。
高橋君の顔に何故子供たちが夢を見るのかなんて僕には分からなかったが、
この顔が高橋君だということにも慣れてしまっている、というかこの顔しか知らないので
素顔を見たいとは思わない。
むしろ見てはいけないものだという意識の方がずっと強かった。

蒸し暑い館内、脚立の上からはポタポタと高橋君の白く濁った汗が垂れ落ちる。
その度に彼は柔らかい布で汗を拭き、ポケットからおしろいを出して顔に塗る。
汗の流れ落ちた肌の隙間から、高橋君の肌色を時折垣間見るが、僕は見なかったことにしている。
昼休み、僕は高橋君とハンバーガーを頬張りながら、彼の外した黄色い手袋が油で黒くならないように
そっとおしぼりで拭いた。

「ありがとう」を言う高橋君の笑顔が眩しい。
子供たちはおしろいの奥に輝く彼の目に、夢を持つのではないか。

「どうせ俺は会社のピエロなんだから」

彼はそう言ってハンバーガーの包みをクシャクシャと丸めながら溜息をついたが
おしろいで隠された彼の表情はずっと笑ったままだった。
[PR]
by gennons | 2005-07-26 20:14 | 妄想
<< せめぎあい。愛。 シモキタなんてラララー >>