店長の肉まん。

突然ですが、鰹さんの記事にTBです。理由はとくにありません。気まぐれですよ。ええ。




------------------------------------------------------------------------------------------------




「俺は、お前を幸せにできない。抱きしめてやる資格さえもないんだ」

彼はあたしを優しく抱き寄せてからそう言うと、短いキスをして保温ケースの扉を開けた。
彼は私たちが好きだった。尋常じゃないくらい、アイシテアイシテ止まない気持ちを持ちながら、
私たちは決して結ばれない運命にある。
それは私たちが出会った時から、すでに決まっているしきたりのようなものだ。
私にも、彼にも、他の誰にもその鎖を断ち切ることはできない。

12月、外は寒いのだろうか。出勤してくる彼の顔が赤く凍えているのが悲しい。
私はこんなにも熱い思いと身体を持て余しているというのに、彼を暖めてあげることができない。
保温ケースのこの場所で、彼のそばで、一枚のガラスを隔てた私と彼は、会話を交わすことさえなく、
ただ私が売られていくのをお互いに待つことしかできない。
こんなに悲しいことが、他にあるだろうか。こんなに己の人生を呪うことがあるだろうか。

今日も私は売れ残り、人気の少ない店内で彼は言う。

「俺はお前を売るのが仕事。お前は誰かに買ってもらうのが仕事。
わかってる。そんなこと、毎日毎日確認しなくちゃわからない訳でもない。
でもどうしてだろう、それを口に出さないと、心が握りつぶされてしまいそうだ」

彼の右目から、一筋の涙が零れた。

「俺は、お前を幸せにできない。抱きしめてやる資格さえもないんだ」

何度も何度も聞いたはずの台詞。
何度聞いても、胸の苦しみが変わることなんてない。

「でも俺は、お前を立派に売ってみせる。俺なんかより、ずっとお前を愛してくれるひとに」

保温ケースの中には、私以外にもたくさんの同志が眠っている。
彼が私を愛してくれるのは、私が売れ残ったからなのだという。
そんな歪んだ愛だと分かっていても、私は彼を愛していた。

昨年はたくさん売れたのだと彼は言っていた。
毎日毎日一つずつ、買っていくお客さんがいたらしい。
私もそのひとにもらわれる予定だったのだけど、すんでのところで冬が開けてしまったのだ。

今年こそ、私はその人と店を出るだろう。
寒い朝。今年一番の、
とてもとても、寒い朝が来たら、私は彼のもとを離れる。
それは明日なのか、明後日なのか、来週なのかはわからない。

だから私たちは、今の時間を宝石のように大切に、
幸せなのだと言い聞かせてはガラスをとおして見つめあっている。












数日後……

「いや、それ去年のやつでしょ? となりので。」
[PR]
by gennons | 2006-10-17 23:38 | トラバ
<< 去年の犬 ともしび >>