バストインザダーク



Fカップの彼女の胸をIカップにすることなど、僕には造作もないことだった。

スタンプツールで腹の肉を胸に。つまんだり、のばしたり、少しずつ、少しずつ変形させていけば、
彼女の胸は、際限なく拡張することができる。これも僕の仕事、得意分野でもある。
そうやって拡張した761枚目のIカップの写真ファイルを保存して、僕は大きく深呼吸をした。

Iカップ。それ以上の大きさにするのは、世界のバランスを崩してしまうことと同義だ。
山よりも大きな昆虫が、理論上生きていけないのと同じで、
Iカップ以上の滝沢乃南には誰も魅力を感じないだろう。
そのサイズを1ミリでも超えてしまえば、それは胸であることの意味を崩壊させ、誰もが彼女をデブと呼ぶだろう。
ではIカップもその手前なのだから、もうデブ予備軍なのではないかと思いがちだがそれは違う。
Iで留まってくれているその胸の大きさは、僕らに不安と、焦りと、儚さを与えてくれる。
その危なげな、転んでしまいそうなバストに、男は皆、手をさしのべるのだ。

しかしながらアイドルのプロフィールなんて、いい加減なモノだ。
Iカップの彼女の胸が、1センチ昨日より大きくなったとしても、印刷される3サイズに変化はない。
1センチの差は、マネージャーさえ気がつかないだろう。
では読者ならどうだろう。ファンはどうだろう。
ましてや、あらゆるメディアで彼女の胸の大きさをチェックしている熱狂的なオタクなら。
今月号のグラビアは、カメラの角度や気のせいとして受け流すかもしれない。
しかしそれが毎月、確実に大きくなっていたとしたら。

一昨日の卓で、東中の言葉には覇気が感じられなかった。
毎回卓を囲むと東中は滝沢乃南のIカップについて熱弁する。
毎回同じことを、娘が生まれた新米パパのように、意気揚々と話し始める。
「男は皆、さしのべるのだ。」「それが、世界で俺だけになったとしても…」
小さな声でそう言いながら出した東中の捨て牌は二人の当たり牌だった。

ここ一ヶ月で東中の体重は18kg減ったという。
頬はこけ、目だけがぎらぎらとしている。

長い年月をかけて、東中から大金を巻き上げられていた僕は
「Iカップねぇ」と言いながら牌を積み上げた。

はじめから、Iカップでもない彼女の胸を、
明日は2ミリ大きくしようなんて思いながら僕は、
東中の捨てたイーピンを鳴いた。







■□■□■□■□■□【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■□
【ルール】
 お題の記事に対してトラバしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後次の金曜日夜中までに
 お題を出した人が独断で判断し陪審員の厳正(?)なる投票によりチャンピオン(大賞)を決めます。
 (自分自身のお題の記事にトラバして発表)
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)とします。
 お題が変われば何度でも参加OKです。
 (企画元ブログにてチャンプランキングも開催中!)

 企画終了条件は
 みんなが飽きるまで、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元     毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
 開催事務局  ボケトラの穴     http://trana88.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


何年ぶりでしょう。
放置してても残してくれてたエキサイトさんに頭が上がりません。
下げもしませんけど。
審査対象外でお願いします。なにとぞ。
慈善事業でやってるわけじゃないんで。
お互い様なんで。
[PR]
by gennons | 2008-07-15 16:09 | トラバ
<< アピール 毛並み >>