<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

店長の肉まん。

突然ですが、鰹さんの記事にTBです。理由はとくにありません。気まぐれですよ。ええ。




------------------------------------------------------------------------------------------------




「俺は、お前を幸せにできない。抱きしめてやる資格さえもないんだ」

彼はあたしを優しく抱き寄せてからそう言うと、短いキスをして保温ケースの扉を開けた。
彼は私たちが好きだった。尋常じゃないくらい、アイシテアイシテ止まない気持ちを持ちながら、
私たちは決して結ばれない運命にある。
それは私たちが出会った時から、すでに決まっているしきたりのようなものだ。
私にも、彼にも、他の誰にもその鎖を断ち切ることはできない。

12月、外は寒いのだろうか。出勤してくる彼の顔が赤く凍えているのが悲しい。
私はこんなにも熱い思いと身体を持て余しているというのに、彼を暖めてあげることができない。
保温ケースのこの場所で、彼のそばで、一枚のガラスを隔てた私と彼は、会話を交わすことさえなく、
ただ私が売られていくのをお互いに待つことしかできない。
こんなに悲しいことが、他にあるだろうか。こんなに己の人生を呪うことがあるだろうか。

今日も私は売れ残り、人気の少ない店内で彼は言う。

「俺はお前を売るのが仕事。お前は誰かに買ってもらうのが仕事。
わかってる。そんなこと、毎日毎日確認しなくちゃわからない訳でもない。
でもどうしてだろう、それを口に出さないと、心が握りつぶされてしまいそうだ」

彼の右目から、一筋の涙が零れた。

「俺は、お前を幸せにできない。抱きしめてやる資格さえもないんだ」

何度も何度も聞いたはずの台詞。
何度聞いても、胸の苦しみが変わることなんてない。

「でも俺は、お前を立派に売ってみせる。俺なんかより、ずっとお前を愛してくれるひとに」

保温ケースの中には、私以外にもたくさんの同志が眠っている。
彼が私を愛してくれるのは、私が売れ残ったからなのだという。
そんな歪んだ愛だと分かっていても、私は彼を愛していた。

昨年はたくさん売れたのだと彼は言っていた。
毎日毎日一つずつ、買っていくお客さんがいたらしい。
私もそのひとにもらわれる予定だったのだけど、すんでのところで冬が開けてしまったのだ。

今年こそ、私はその人と店を出るだろう。
寒い朝。今年一番の、
とてもとても、寒い朝が来たら、私は彼のもとを離れる。
それは明日なのか、明後日なのか、来週なのかはわからない。

だから私たちは、今の時間を宝石のように大切に、
幸せなのだと言い聞かせてはガラスをとおして見つめあっている。












数日後……

「いや、それ去年のやつでしょ? となりので。」
[PR]
by gennons | 2006-10-17 23:38 | トラバ

ともしび

暗闇に一筋の光が走る。光は弱く、細いもので、
ここがどんな箱なのかまた、どんな場所なのかもわからない程暗い藍色をしていて
上から覗くあなたの顔の表情も手の色も何もわからない。
たぶんここは引き出しなのだろう。
幾年もの長い間、私はこの引き出しの中で「無」を過ごし、今あなたが私を救い出す。
救い出されたと感じたのは、私が少しでもあなたに関心があったからなのだと思う。
仄暗いあなたの大きな掌が私の身体を包み、軽々と持ち上げ、
頭上に掲げて月明かりに照る私を確かめた。

「服は、脱がないで」

あなたは窓の方に向かって優しく呟いた。
シーツの擦れる音と人の気配、微かに漂う香水。
ゆっくりとした手つきでグラスを飲み干すあなたの口元と、
その向こう側に蠢く華奢な人影が、私の居場所を狭めてゆく。
押しつぶされそうな空気に私は強く目を閉じて引き出しの中の無を思った。

カシュっと乾いた音がして、不意に目の前がオレンジ色に染まる。
目を開けると、よろよろとしたマッチの炎とあなたの手が眩しい。
流れるように、私に火を灯すあなたの胸元が綺麗で、
私は口の中に溜まった唾液を床にこぼしているような感覚に囚われた。
私の身体はまだ、溶けていない。

頭上に灯された炎は、揺れることなくまっすぐに、
あなたともう一つの輪郭を浮かびあげる。
ベッドのシーツは深い緑であなたの身体は少し日に焼けた肌色。
白い肌色とあなたの肌が重なり、揺れて、囁くあなたの声と、
それを切り裂くような高い小さなかすれた声。
あなたの吐息やゆったりとした背中の動きは私の炎まで届かない。
風のない部屋で、私は静かに二人を照らしつづけた。
熱くなった頭上から、涙とも愛液ともとれない白く濁った液体が
細くまっすぐな体を伝って流れては固まり、また流れては固まって、
これが涙であるのならどんなに楽だろうか、
泣くことができたら、少しはこの気持ちが晴れるのだろうかなんて、
できもしないことに思いを巡らせてただ、私が消えてしまうのを待っていた。

私は熔けてゆく。
芯に火が灯されて、その熱で少しずつ短くなり、
全てがどろどろに熔けてなくなってしまうまでが私の一生だ。
五月蠅い蝉よりも、はかない陽炎よりも私のいのちは短くて
数時間、あなたを照らすだけの役割を持って産まれた。
短い人生なのだと人は思うのかもしれない。
今の私にとってこんなに長く、苦しい時間はないのだけれど。

私の身体はとても小さくなっていた。
足下には熔けて流れた液が、白く固まって広がり、
私のシルエットを不細工なものに変えている。
スラリと長かった私の身体は、あともう少しで全てこのどろどろに変わってしまうだろう。
泣き叫んでも、覚悟を決めても、懇願しても、無慈悲な炎は少しずつ冷たく、私の身体を溶かし続ける。

私はあなたの寝顔を照らしながら
少し幸せなのかもしれないと思った。
あなたの寝顔がとても愛おしかったから。
私は精一杯の力を込めて、あなたにおやすみを言いたい。

どろどろに溶けきってしまった身体の真ん中で、
小さい炎は手を振るように左右に揺れてすぐに消え、
静かな煙が立ち上る。







大丈夫。元気にしております。
[PR]
by gennons | 2006-10-11 02:45 | 妄想