学級会議

風邪で死にそうです。嘘。
快復したのですが、会社に来ると悪化します。そういうもんです。

あ、あと某近海の方の誕生日TB、コメントと共に凄いことになっていますね。
反対組織の一員としてこれは遺憾な出来事です。
なんだかんだいいながらとてつもなく愛されてるじゃないですか。
そんな祭りに僕は参加しないぞ!




Commented by gennons at 2005-02-17 00:18 x

おめでとーございましゅ
(Nutsに見せた変な顔で)



って既にコメント入れてました……orz

それからバレンタイン、し○こに裏切られました……orz


---------------------------------------------------------------


「これより、学級会議を始めたいと思います」

「委員長、吉田君がいません」

「また吉田君?誰か知っている人はいますか?」

「あ、あいつ給食室の残った牛乳飲んでるの、見ました」

「また?誰か呼んできてください。中村さん、呼んできてください」

「嫌です。公平にくじ引きで決めましょう」

「そうですね。くじ引きで決めましょう。宮本君、くじ作ってください」

「委員長、嫌です。面倒臭いです」

「じゃあこれもくじ引きで決めましょう。宮本君、くじ作ってください」

「わかりました。でも吉田君を呼んでくるくじは作りませんよ」

「それは今から作るくじで決めるので問題ありません」

「そのくじの中から、僕の名前は削除していいのですよね?」

「そうです。宮本君以外の人のくじを作ってください」

「委員長、折り紙は木村さんのものを使ってもいいですか?」

「駄目です。匂い付きは禁止されています。吉田君の折り紙を使ってください」

「委員長、吉田君がいません」

「じゃあ誰か呼んできてください。中村さん?」

「いいですけど、宮本君が作ったくじで選ばれた人が作るくじの中に、私は入れないでください」

「わかりました。では吉田君を呼んできてください」

「委員長、吉田君が帰ってきました」

「じゃあ誰か、吉田君を呼びに行った中村さんを呼んできてください」

「委員長、吉田君が呼びに行くべきだと思います」

「では吉田君、中村さんを呼んできてください」

「えーおで、もうすわったから、うごきたくない。そんなことよりさぁ、給食室の裏にさぁ、エッチな本が落ちててさぁ、すげえのあで、おんなのしとのおっぱいとかはだかとかがかいてあって、もうぬれぬ……」

「吉田君、学級会議に関係ない話はしないでください」

「いいんちょ、おで、いいんちょがはだかになったところをかんがえてたらむずむずしてきてそのずかーどの中をみぜて」

「吉田君、注意が二回目になりましたので退席してください」

「委員長、吉田君、泣いてます」

「泣いていないで、退席してください」

「いいんちょのあぼー」

「……、さて、中村さんを誰か」

「委員長、吉田君探しに行きましたけど、いませんでした」

「あ、中村さん、吉田君はたった今退席しました」

「帰ってきていたのですか?」

「だから今から中村さんを呼んでくる人を決めようとしていたところです」

「だったらその候補から、私は外してください」

「わかりました。中村さんはその候補から外しましょう。一回呼びに行きましたからね」

「じゃあ、誰か、中村さん以外で中村さんを呼んでくる人を決めるくじを作ってください。宮本君?」

「僕は吉田君を呼んでくる人を決めるくじを作る人を決めるくじを作ることになっているのでできません」

「ではそこは、あみだくじで決めましょう」

「委員長、僕の名前はあみだくじの中に入れないでください」

「委員長、私も一回呼んできているので入れないでください」

「わかりました。中村さんと宮本君はあみだくじの中に入れません。従って、線は23本になります」

「委員長、あみだくじのスタート地点は、誰が決めるのですか?」

「これは委員長である私が、代表して決めます」

「そんなのずるいと思います」

「そうですずるいです。公平に、全員でじゃんけんするべきだと思います」

「そうですか。ではクラス全員でじゃんけんをしましょう」

「委員長、吉田君がいません」

「これはやりたい人を決めるじゃんけんですので、いない人が悪いのです。
吉田君以外の全員でじゃんけんをしましょう。では、じゃーんけーん」

「委員長、じゃんけんのかけ声は私もやりたいです」

「僕もやりたいです」

「俺も言いたい」

「いや、でもこれはクラスの委員長である私がかけ声をかけるべきです」

「そんなのずるいと思います」

「ずるくないよー。委員長が言うべきだよー」

「そうだそうだ!」

「えー、では、多数決で決めたいと思います。私、委員長がじゃんけんのかけ声をかけることに、反対の人は
教室の右半分に。賛成の人は左側に集まってください」

「委員長、綺麗に半分に割れましたが?」

「そうですね。賛成12人、反対12人、何か良いアイデアのある人、挙手してください」

「はいっ、委員長、吉田君が来たらそれで決まると思います」

「あ、忘れていました。では誰か吉田君を……」

「いいんちょ、おで、ここにいまず」

「そんな教室の外にいないで、入ってきてください。賛成と反対、どちらに入るのですか?」

「そーゆーことはよくわがんないけど、おで、いいんちょのぢかくがいい」

「では賛成側ですね。ところで吉田君、あなたには退席を命じたはずですので、教室から出ていってください」

「しどーーーい。むわぁん」

「委員長、吉田君が泣きながら出ていきました」

「放っておきましょう。彼がいると学級会議が進みません。では全員でじゃんけんをしましょう。
じゃーんけーん、ぽん!」

「あーいこーで、ぽん!」

「あーいこーで、……あーいこー……」

「長い長いじゃんけんの結果、渡辺さんが勝ちましたので、あみだくじのスタート地点を決めて下さい」

「じゃあ、一番左にしてください」

「渡辺さんにはあみだくじの歌を先導してもらいます。ではどうぞ」

「せーのっ、あっみだっくじー、はいっ」

『あっみだっくじー』

「ひいってたっのしっいあっみだっくじー、はいっ」

『あっみだっくじー』

「あっみだっくじー、はいっ」

『あっみだっくじー』

「ひいってたっのしっいあっみだっくじー、はいっ」



……………………


「えー、あみだくじの結果、吉田君に決定しました」

「委員長、吉田君がいません」
by gennons | 2005-02-18 13:25 | 妄想
<< 雑草のように バット >>