ドナルディ、高橋

下のシモキタバッシング記事、もっと怒られると思っていましたが
意外や意外、みなさん「短歌がステキー」とか「あしくささんステキー」とか
「私のルーズソックスもらって下さいー」とか「むしろソックスだけじゃなくてs(規制)」

……というか、下のコメント欄にルーズソックス履いている年齢の方はいませんでしたね。
さらに言うと今日びルーズソックス履いてる人なんていませんね。
はいはい、すみませんでしたね。

さて、話は童貞の世界観とホストの価値観くらい変わりますが、
最近僕のエロ汁の出が少なくなってきています。
僕のエロ汁はてのひらと指先からにじみ出るのですが、昨日あたりから
握ったマウスもさらっとしているほどに汁気がない。
これはどうしたことだ。まあいつも通りに書けばそのうちマウスやキーボードもべとべとになってくるだろう。
なんて考えながら書いた結果が↓です。エロくない。ごめんなさい。



-------------------------------------------------------------------



パーティションを立てるにはビームという支えを並べてそこにポールを立てる。
そうしてそのポールとポールの間(1Mくらいの間隔)に加工した白いベニヤ板を上から溝に沿ってはめ込んで下までストンと落とす。
繰り返し繰り返し並べられたビームの上にストン、ストンと板を落としていき、徐々に大きな長い壁がこの広い空間を仕切り始めるのだ。

「ペンチとって」

僕よりも二年先輩の高橋君が脚立の上から言った。
僕は彼の顔が汗で滲んでいないかどうか心配だったのだが、それを確認する勇気がなかった。
幕張の会場はまだ7月だというのに熱気で溢れている。
僕は額の汗をTシャツの袖で拭うと、高橋君に柔らかいタオルとペンチを手渡した。
高橋君は脚立の上で上部のビームをボルトで固定しながら、いつも彼女ののろけ話をする。
僕はそれを聞きながら次々に運ばれてくる大きな板をはめ込んでいく。
単調な作業をしながら聞く彼ののろけ話はバラードのBGMを聞くようで、別段不快なわけでもなかった。
ただ、僕が気になっているのは高橋君の彼女の話ではなく、彼自身についてだった。

僕の所属する会社はイベント設営の派遣業でみんな同じトレーナーかTシャツを着ているのだが、高橋君だけが違うユニフォームだった。
黄色いオーバーオールに、赤と白の土派手なタイツ。
髪と鼻と唇は真っ赤で、顔は白粉を塗っているのだろう。真っ白だ。
一見するとサーカスのピエロのようだが彼は自分のスタイルのことを「ドナルディ」と呼ぶ。
僕はその意味がよく分からず、何度も聞き直したことがあるが、高橋君はハンバーガーがどうのとか、
マックがどうのとかいう話しをするだけでどうも要領を得なかった。
ただ彼は、素顔を見られてはいけないのだということがわかった。

「子どもらの夢があるんだよ」

顔を明かせない彼の理由はこうだった。
高橋君の顔に何故子供たちが夢を見るのかなんて僕には分からなかったが、
この顔が高橋君だということにも慣れてしまっている、というかこの顔しか知らないので
素顔を見たいとは思わない。
むしろ見てはいけないものだという意識の方がずっと強かった。

蒸し暑い館内、脚立の上からはポタポタと高橋君の白く濁った汗が垂れ落ちる。
その度に彼は柔らかい布で汗を拭き、ポケットからおしろいを出して顔に塗る。
汗の流れ落ちた肌の隙間から、高橋君の肌色を時折垣間見るが、僕は見なかったことにしている。
昼休み、僕は高橋君とハンバーガーを頬張りながら、彼の外した黄色い手袋が油で黒くならないように
そっとおしぼりで拭いた。

「ありがとう」を言う高橋君の笑顔が眩しい。
子供たちはおしろいの奥に輝く彼の目に、夢を持つのではないか。

「どうせ俺は会社のピエロなんだから」

彼はそう言ってハンバーガーの包みをクシャクシャと丸めながら溜息をついたが
おしろいで隠された彼の表情はずっと笑ったままだった。
[PR]
by gennons | 2005-07-26 20:14 | 妄想 | Comments(11)
Commented by katuo0076 at 2005-07-26 22:00
うんうん、よい話です。
カテゴリーは追憶の展覧会でもいいです。
っかっ、このてはテキトウな愛を語る近海さんにまかせて。
あなたは、エロを語るべきです。
それが、この場でのアナタの宿命です、運命です、定めです。
ええっっ~っ!
おそらっ、たぶんっ。?

Commented by crazy_mam at 2005-07-26 22:24
あのー、何か言いました? 年齢がどうとか。ルーズがどうとか。

高橋くんの目はむしろ怖いのではないか、と思う私です。
化粧は笑っているけど本当の瞳は笑っていない・・・というか。
ホラーの悪役がよく似合うと思います。あ、それはITか。
Commented at 2005-07-26 23:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nutschoco at 2005-07-27 00:37
足さんに何があったんだろー。。。
普通にえぇ話でした。
丁度ね、能面の出てくる本を読んでて、ちょっと違うけど、なんか、なんだろう。うまく言えませんが、まぁそういうことです。(全く伝わらん)
Commented by R_76 at 2005-07-27 14:37
冒頭のパーテーションの立て方の文が良いですね。
情景がありありと浮かんできます。

エビオス錠ってすごいらしいですよ(謎
Commented by arinco_note at 2005-07-27 23:38
↑私もそう思いました。ストン、ストンが。
子供たちはおしろいの奥に輝く彼の目に、夢を持つのではないか。
僕の目線が素敵ですね。

Commented by なりっと at 2005-08-03 14:23 x
次のドナルドの噂の話(CMでやってるやつ)はこれですね。

土派手って、技の名前っぽい。
あ、直さないで下さいね。意味不明って思われるから。(決め台詞)
Commented by raphie at 2005-08-09 01:49
浦安のねずみ園で夢を守るための数々の掟をスタッフに聞くと
夢を作る努力の計り知れないエネルギーを思い知らされます。
それでも自分の夢を自ら見ることのできる人間のパワーっていうのも
考えてみれば凄いものだなぁ、なんてふと思ったり。
夏の夢前案内人たちは汗との戦いですねぇ…。頭が下がります。
Commented by e--mi at 2005-08-15 13:52
夏場に化粧を保つのは並々ならぬ努力の結晶だと思うのです。
高橋君ソンケイします。
Commented at 2005-08-17 16:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gennons at 2005-08-30 13:13
鰹様
エロか……
そんなー、時代もーああーったねと。
エロに卒業というものがあるのなら、それは死ぬときですね。

まむ様
確かに。
ドナルドって恐いです。
あなたほどではないですが。

鍵さま
えへ。えへへへへ。めんどk

なちょこ様
なるほど。そういうことでしたか。
という具合の会話ばっかりです。自分。

R様
謎)とか書かなくても十分伝わります。
謎。

ありんこ様
僕の目線は常に会話の瞳を凝視しております。
よくゲイだと勘違いされます。

なりっと様
そんな決め台詞を言われたら、もう何も言えません。絶句。

らふぃ様
そんな丁寧なコメントに、頭が下がります。合掌。

いーみ様
高橋君を尊敬している暇があったら、ほら!そこ!
ファンデーションはげてますよ!
とか言ってるから嫌われるんですね。そうですね。

鍵のケミチョウ様
そうですね。いやまったくそうですね。
何が楽しいって、終わったあとの駄目出し大会が楽しいですね。
バント君筆頭。
<< せめぎあい。愛。 シモキタなんてラララー >>